A型システムエンジニアの勉強メモ

情報処理試験の午前問題をネタにして、解説をじっくり書きながら勉強しています。基礎は大事。

広告

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問73

シェアリングエコノミー (共有経済)についての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問73

 

シェアリングエコノミーの説明はどれか。

 

 

IT の活用によって経済全体の生産性が高まり、更に SCM の進展によって需給ギャップが解消されるので、インフレなき成長が持続するという概念である。

 

IT を用いて、再生可能エネルギーや都市基盤の効率的な管理・運営を行い、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を実現するという概念である。

 

商取引において、実店舗販売とインターネット販売を組み合わせ、それぞれの長所を生かして連携させることによって、全体の売上を拡大する仕組みである。

 

ソーシャルメディアのコミュニティ機能などを活用して、主に個人同士で、個人が保有している遊休資産を共有したり、貸し借りしたりする仕組みである。

--------------------------

解説

 

シェアリングエコノミー(Sharing Economy)

Sharing は共有、Economy は経済 で共有経済という意味になる。

 

人、モノ、場所、時間、技術、サービス、などなど、あらゆる資産を貸し借り(共有)するという考え方。

なので、これと同じことを言っている「ソーシャルメディアのコミュニティ機能などを活用して、主に個人同士で、個人が保有している遊休資産を共有したり、貸し借りしたりする仕組みである」 の選択肢エが正解である。

 

遊休資産とは使われずに遊んでしまっている資産のこと。

使う機会さえあればお金を稼げるので、非常に勿体ないことになる。

 

  • Uber Eats は "移動手段と時間" という個人の遊休資産を共有している。
  • Airbnb は "空きスペース" という個人の遊休資産を共有している。
  • メルカリは "モノ" という個人の遊休資産を共有している。

 

この貸し借り(共有)を仲介するための場を提供する企業をプラットフォーマーと呼ぶ。

人が次々に集まる場を提供するプラットフォーマーとなれれば、お金がチャリンチャリンとはいってくる。

仲介する仕組みを作るので、プラットフォーマー本人は資産を持っていなくていい。

イデア勝負。

 

 

選択肢ア「IT の活用によって経済全体の生産性が高まり、更に SCM の進展によって需給ギャップが解消されるので、インフレなき成長が持続するという概念である」はニューエコノミーと呼ばれるもの(初めて聞いた)。

覚える必要はなさそうな気がする。

 

 

選択肢イ「IT を用いて、再生可能エネルギーや都市基盤の効率的な管理・運営を行い、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を実現するという概念である」はスマートシティの考え方。

都市という巨大な規模で全体最適化を図ることになるので、AI 技術を活用したビッグデータ解析が必要になってくる。

IoT 技術で現実(Physical)を全て仮想空間(Cyber)に投影して、仮想空間で AI 技術を用いて最適化をした結果を現実に反映するようなことをする。

 

IoT はモノがインターネットに繋がって便利になる他に、現実のモノ(とそれがもつ情報)を全て仮想空間で扱えるようになることも利点となる。

 

 

選択肢ウ「商取引において、実店舗販売とインターネット販売を組み合わせ、それぞれの長所を生かして連携させることによって、全体の売上を拡大する仕組みである」はクリック&モルタルと呼ばれる(らしい。またも初耳。)

実店舗のみをブリック&モルタル。インターネット販売のみをピュアプレーヤーとも呼ぶらしい。

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問72

 CGM(Consumer Generated Media:口コミサイトとか SNS 等)についての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問72

 

CGM(Consumer Generated Media)の例はどれか。

 

企業が、経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を、個人投資家向けに公開する自社の Web サイト

 

企業が、自社の商品の特徴や使用方法に関する情報を、一般消費者向けに発信する自社の Web サイト

 

行政機関が、政策、行政サービスに関する情報を、一般市民向けに公開する自組織の Web サイト

 

個人が、自らが使用した商品などの評価に関する情報を、不特定多数に向けて発信するブログや SNS などの Web サイト

--------------------------

解説

 

CGM という言葉は初耳。

Consumer Generated Media と略す前の名称があるので答えられそう。

あまりメジャーでない略語にはヒントがつくのだろうか。

 

Consumer(=消費者、使い手)により Generated される Media。

一般消費者により作られるメディアという意味合い。

 

選択肢アとイとウは一般消費者とは反対に提供者側(企業や行政機関)の話がかかれている。

ということで、正解は選択肢エ「個人が、自らが使用した商品などの評価に関する情報を、不特定多数に向けて発信するブログや SNS などの Web サイト」となる。

 

CGM の例としては口コミサイトや SNS などがある。

食べログに長年はお世話になっています。

 

 

選択肢ア「企業が、経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を、個人投資家向けに公開する自社の Web サイト」は IR(Investor Relations)のこと。

Investor は投資家、Relations は関係という意味。

投資家向けの情報が充実しているかのランキングがあったりする。

"日興アイ・アール ホームページ充実度" でググるとでてくる。

 

 

選択肢イ「企業が、自社の商品の特徴や使用方法に関する情報を、一般消費者向けに発信する自社の Web サイト」と選択肢ウ「行政機関が、政策、行政サービスに関する情報を、一般市民向けに公開する自組織の Web サイト」は普通のホームページのことだと思うけど、特別な名称があるのだろうか。

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問71

HEMS(Home Energy Management System)について、ついでに予知保全や ADAS についての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問71

 

IoT の応用事例のうち、HEMS の説明はどれか。

 

工場内の機械に取り付けたセンサで振動、温度、音などを常時計測し、収集したデータを基に機械の劣化状態を分析して、適切なタイミングで部品を交換する。

 

自動車に取り付けたセンサで車両の状態、路面状況などのデータを計測し、ネットワークを介して保存し分析することによって、効率的な運転を支援する。

 

情報通信技術や環境技術を駆使して、街灯などの公共設備や交通システムをはじめとする都市基盤のエネルギーの可視化と消費の最適制御を行う。

 

太陽光発電装置などのエネルギー機器、家電機器、センサ類などを家庭内通信ネットワークに接続して、エネルギーの可視化と消費の最適制御を行う。

--------------------------

解説

 

HEMS は Home Energy Management System の略。

Home Enerty(家庭のエネルギー)を Management する System。

 

なので、家庭におけるエネルギーの制御について書いている選択肢エが正解。「太陽光発電装置などのエネルギー機器、家電機器、センサ類などを家庭内通信ネットワークに接続して、エネルギーの可視化と消費の最適制御を行う。」

 

Home の部分だけ異なる仲間が色々あるらしい。

  • ビル(Building)のエネルギーを制御する BEMS
  • マンション(Mansion)のエネルギーを制御する MEMS
  • 工場(Factory)のエネルギーを制御する FEMS

似たような略語があっという間に増えていく。

 

 

選択肢ア「工場内の機械に取り付けたセンサで振動、温度、音などを常時計測し、収集したデータを基に機械の劣化状態を分析して、適切なタイミングで部品を交換する」は予知保全の説明。

 

壊れそうな兆候がでたらすぐに部品を交換してしまう。

似た言葉の予"防"保全では定期メンテのように経験的に決められた期間の経過などで交換する。

予知保全であれば、想定よりも早く劣化した部品を故障する前に交換することが可能になり、機械の稼働率を向上できる可能性がある。

 

 

選択肢イ「自動車に取り付けたセンサで車両の状態、路面状況などのデータを計測し、ネットワークを介して保存し分析することによって、効率的な運転を支援する」は先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)の説明。

 

自動ブレーキ、自動駐車、などなど多彩なシステムがある。

フロントガラス越しに直接外を見るのではなく、外の映像を車内のフロントやサイドに投影して死角をなくすような取り組みもあるらしい。

 

 

選択肢ウ「情報通信技術や環境技術を駆使して、街灯などの公共設備や交通システムをはじめとする都市基盤のエネルギーの可視化と消費の最適制御を行う」はスマートシティの説明。

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問70

 プロセスイノベーション、プロダクトイノベーションについての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問70

 

プロセスイノベーションに関する記述として、適切なものはどれか。

 

ア 競争を経て広く採用され、結果として事実上の標準となる。

 

イ 製品の品質を向上する革新的な製造工程を開発する。

 

ウ 独創的かつ高い技術を基に革新的な新製品を開発する。

 

エ 半導体の製造プロセスをもっている他企業に製造を委託する。  

--------------------------

解説

 

イノベーション(innovation)は革新とか改革といった意味をもつ。

プロセス(process)は過程とか手続きといった意味をもつ。

 

なので、プロセスイノベーション(≒過程を改革)に関する記述として適切な正解は選択肢イ「製品の品質を向上する革新的な製造工程を開発する」となる。

 

 

プロセスイノベーションと対になりそうな言葉がプロダクトイノベーション

プロダクト(product)は製品という意味なので、プロダクトイノベーションは製品を改革となる。

選択肢ウ「独創的かつ高い技術を基に革新的な新製品を開発する」がプロダクトイノベーションのことを説明している。

 

製品を製造する過程を革新:プロセスイノベーション

製品そのものを革新:プロダクトイノベーション

 

 

選択肢ア「競争を経て広く採用され、結果として事実上の標準となる」はデファクトスタンダード(de facto standard)のこと。

公的な認証がある訳ではないので "事実上の" となる。

DVD の次の規格として HD DVD と Blue Ray Disc が競争をしていたが、結果として Blue Ray Disc がデファクトスタンダードとなっている(Blue Ray 側だけに何かしらの公的な認証があった訳ではない)。

 

 

選択肢エ「半導体の製造プロセスをもっている他企業に製造を委託する」はあまり関係ない話。"プロセス" 単語つながりだろうか。

 

半導体の製造で 7nm プロセスとか 5nm プロセスといった言葉がでてくる。

ここでの 7nm とか 5nm は半導体素子のスケールを表すような数値になる。5nm の精度で加工ができるというイメージ。

原子の大きさが約 0.1 nm なので、5nm は原子 50 個分の幅しかない。

 

ちなみに人が日常見ている大きさの物体にはアボガドロ数(6.02 × 1023)程度の原子が含まれている。

6.02 × 1023 = 602000000000000000000000 なので、50 個分の幅はとんでもなく細かい。

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問69

コンバージョン率についての問題。 

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問69

 

サイトアクセス者の総人数に対して、最終成果である商品やサービスの購入に至る人数の割合を高める目的でショッピングサイトの画面デザインを見直すことにした。効果を測るために、見直し前後で比較すべき、効果を直接示す値はどれか。

 

ア ROAS(Return On Advertising Spend)

 

イ コンバージョン率

 

ウ バナー広告のクリック率

 

エ ページビュー 

--------------------------

解説

 

 

目的が「最終成果である商品やサービスの購入に至る人数の割合を高める」であることを忘れないことが重要になる。

 

なので、ページの閲覧回数とか広告のクリック回数がすごい増えたとしても、それだけで喜んではいけない。

商品やサービスの購入に至る人数の割合が高まらなければ(=当初の目的が達成されなければ)意味がない。

 

 

選択肢アの ROAS(Return On Advertising Spend)は広告の収益率 を示す指標。

"広告からの売上" ÷ "広告を出した際の費用" で計算される割合になる。

効率の良い広告ができているかの確認はできるけど、当初の目的である商品やサービスの購入に至る人数の割合が増えているのかどうかは ROAS を見てもわからない。

購入に至る人数の割合は変わってなくて、各購入者の購入単価が増えている可能性もある。

 

 

選択肢イの コンバージョン率はショッピングサイトにおける成果(コンバージョン)の達成率 を示す指標。

ショッピングサイトの場合は

 "成果(コンバージョン)" = "サイトを閲覧した人が購入に至る"

となる。

なので、コンバージョン率をサイトの見直し前後で確認すれば、サイトを閲覧した人が購入に至る割合が高まっているかどうかが判断できる。

 

コンバージョン率を確認すれば「最終成果である商品やサービスの購入に至る人数の割合を高める」という目的に対する効果を直接測れるので 正解は選択肢イ となる。

 

 

選択肢ウのバナー広告のクリック率や、選択肢エのページビューはとくに説明なくともわかる指標。

これらの指標を見ても、ショッピングサイトを見る人や広告を見る人が増えているかどうかがわかるだけで、購入に至る割合が高くなっているかはわからない。

 

 

「ショッピングサイトを閲覧する人をとにかく増やしたい!」

という目的で何かを改善した効果を測りたいのであれば、ページビューをまずは見るべきとなる。

 

万能で優秀な指標がある訳ではなく、どのような目的を持っているかによって注意して見るべき指標は変わってくる。

 

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

 

 

 

 

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問68

ニッチ戦略についての問題。niche。 

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問68

 

特定顧客、特定製品のセグメントに資源を集中し、専門化を図る戦略はどれか。

 

ア チャレンジャ戦略

 

イ ニッチ戦略

 

ウ フォロワ戦略

 

エ リーダ戦略

--------------------------

解説

 

 

市場シェアのどのポジションにいるかで戦略がかわってくるというもの。

ちゃんとした解説や戦略の例はググってくださいとして、ざっくりとした解説をしてみる。

 

 

選択肢アはチャレンジャ戦略

チャレンジャの名前の通り、シェアトップの企業を倒すぞ!と燃えている企業がとる戦略。

トップと差別化をしてシェアを奪ってみたり、下位の企業のシェアを吸収することでトップのシェアを超えようとしてみたりする。

 

こういった企業が多いと、製品やサービスが良くなっていく可能性が高い。

携帯の大手三社に対する楽天モバイルが当てはまるのだろうか。

がんばってほしいな。

 

 

選択肢イはニッチ戦略

シェアトップの企業と正面対決は避けて、既存の製品・サービスとぶつからないように、隙間をねらう戦略。

特定の顧客に熱烈に支持される製品や、かゆいところに手が届く製品が作れると価格が高くても売れるので、成功すればおいしい戦略ではある。

 

高価なのになんで売れているのか理解できないものがあったら、この戦略の製品かもしれない(自分がターゲット顧客でないだけ)。

 

問題が聞いている「特定顧客、特定製品のセグメントに資源を集中し、専門化を図る戦略はどれか。」はこのニッチ戦略のことなので、正解は選択肢イとなる。

 

 

選択肢ウはフォロワ戦略

フォロワーの名前の通り、トップの真似をする戦略。

模倣により開発コストをかけずに低価格で製品を提供して、ある程度のシェアを確保したりする。トップになるとか、より良いサービスを作る、といった方針ではないことが多い。

 

一時期の携帯大手 3 社はこの戦略のような状態にみえてたけど、最近発表された新しいプランってどうなのだろうか。

 

 

選択肢エはリーダ戦略

リーダの名前の通り、その業界のシェアトップ企業だけがとれる戦略。

最大のシェアをもつ企業だけがとれる戦略。

規模の経済が働くので製品個々の原価を抑えられるし、ソフトウェアであれば開発コストの回収が容易になる。

  • A社(シェアトップ)が 100 万円で開発したソフトウェアが 1 万本売れるシェアなら、1 本あたり 100円の原価で開発コストが回収できる。
  • 一方で、同じ様なソフトウェアを同じく 100 万円で開発した B社(チャレンジャ)が 5,000 本売れるシェアなら、1 本あたり 200 円の原価で開発コストが回収できる。

A社は値下げで 150 円にしても利益がでるが、B社は対抗しようとすると赤字になってしまう。

 

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問67

 コアコンピタンスについての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問67

 

企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したものはどれか。

 

ア 企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し、経営の効率向上を図ることである。

 

イ 競争優位の源泉となる、他社よりも優越した自社独自のスキルや技術などの強みである。

 

ウ 業務プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すことによって、企業のコスト、品質、サービス、スピードなどを劇的に改善することである。

 

エ 最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。

--------------------------

解説 

 

 

コア(Core):中核、芯

コンピタンス(competence):能力

 

となるので、コアコンピタンスはその企業の中核となる、他社よりも優れたスキルや技術のこと。

これだけは誰にも負けない!といった技術。

 

 

横文字好きな人はよく使いそう。俺のコアコンピタンス

 

 

ということで問題の正解は選択肢イの「競争優位の源泉となる、他社よりも優越した自社独自のスキルや技術などの強みである。」となる。

 

最近ではどんな製品もある程度の性能は備えているし、似たような製品が多くの企業からでているので、何かしらの一芸に秀でていないと宣伝しにくくなる。

 

 

その他の選択肢について。

 

選択肢ア「企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し、経営の効率向上を図ることである。」

ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)のこと。

そのまんま、企業の資源を計画すること。

 

 

選択肢ウ「業務プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインし直すことによって、企業のコスト、品質、サービス、スピードなどを劇的に改善することである。」

はリエンジニアリングとか BPR(Business Process Re-engineering)などと呼ばれるもの。

選択肢アの内容とちょっと似ている。

似ているものにそれぞれ名称が(略字で)つくので混乱する。

 

 

選択肢エ「最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。」

はベンチマーキングのこと。

ベンチマークに関しての問題はこちらでも解説している。

 サムネイル画像がゲームになっていますが。

 

 

 

前後の問題はこちら。

 

koki2016.hatenadiary.com