A型システムエンジニアの勉強メモ

情報処理試験の午前問題をネタにして、解説をじっくり書きながら勉強しています。基礎は大事。

広告

基本情報技術者試験 平成31年度 春期 午前 問73

シェアリングエコノミー (共有経済)についての問題。

 

--------------------------

基本情報技術者試験

平成31年度 春期 午前 問73

 

シェアリングエコノミーの説明はどれか。

 

 

IT の活用によって経済全体の生産性が高まり、更に SCM の進展によって需給ギャップが解消されるので、インフレなき成長が持続するという概念である。

 

IT を用いて、再生可能エネルギーや都市基盤の効率的な管理・運営を行い、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を実現するという概念である。

 

商取引において、実店舗販売とインターネット販売を組み合わせ、それぞれの長所を生かして連携させることによって、全体の売上を拡大する仕組みである。

 

ソーシャルメディアのコミュニティ機能などを活用して、主に個人同士で、個人が保有している遊休資産を共有したり、貸し借りしたりする仕組みである。

--------------------------

解説

 

シェアリングエコノミー(Sharing Economy)

Sharing は共有、Economy は経済 で共有経済という意味になる。

 

人、モノ、場所、時間、技術、サービス、などなど、あらゆる資産を貸し借り(共有)するという考え方。

なので、これと同じことを言っている「ソーシャルメディアのコミュニティ機能などを活用して、主に個人同士で、個人が保有している遊休資産を共有したり、貸し借りしたりする仕組みである」 の選択肢エが正解である。

 

遊休資産とは使われずに遊んでしまっている資産のこと。

使う機会さえあればお金を稼げるので、非常に勿体ないことになる。

 

  • Uber Eats は "移動手段と時間" という個人の遊休資産を共有している。
  • Airbnb は "空きスペース" という個人の遊休資産を共有している。
  • メルカリは "モノ" という個人の遊休資産を共有している。

 

この貸し借り(共有)を仲介するための場を提供する企業をプラットフォーマーと呼ぶ。

人が次々に集まる場を提供するプラットフォーマーとなれれば、お金がチャリンチャリンとはいってくる。

仲介する仕組みを作るので、プラットフォーマー本人は資産を持っていなくていい。

イデア勝負。

 

 

選択肢ア「IT の活用によって経済全体の生産性が高まり、更に SCM の進展によって需給ギャップが解消されるので、インフレなき成長が持続するという概念である」はニューエコノミーと呼ばれるもの(初めて聞いた)。

覚える必要はなさそうな気がする。

 

 

選択肢イ「IT を用いて、再生可能エネルギーや都市基盤の効率的な管理・運営を行い、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を実現するという概念である」はスマートシティの考え方。

都市という巨大な規模で全体最適化を図ることになるので、AI 技術を活用したビッグデータ解析が必要になってくる。

IoT 技術で現実(Physical)を全て仮想空間(Cyber)に投影して、仮想空間で AI 技術を用いて最適化をした結果を現実に反映するようなことをする。

 

IoT はモノがインターネットに繋がって便利になる他に、現実のモノ(とそれがもつ情報)を全て仮想空間で扱えるようになることも利点となる。

 

 

選択肢ウ「商取引において、実店舗販売とインターネット販売を組み合わせ、それぞれの長所を生かして連携させることによって、全体の売上を拡大する仕組みである」はクリック&モルタルと呼ばれる(らしい。またも初耳。)

実店舗のみをブリック&モルタル。インターネット販売のみをピュアプレーヤーとも呼ぶらしい。

 

 

前後の問題はこちら。

koki2016.hatenadiary.com